2010年03月30日

花粉症根治薬、8年後にも実用化=鳥居薬品と共同研究開始−理研(時事通信)

 理化学研究所と日本たばこ産業(JT)グループの「鳥居薬品」(東京)は25日、理研が開発したスギ花粉症ワクチンの実用化に向けた共同研究を開始すると発表した。研究成果を臨床応用に生かすための仕組みを整備し、2012年に臨床試験を始め、18年の実用化を目指す。
 このワクチンは、アレルギー反応の原因となるスギ花粉の主要な抗原たんぱく質2種類に、抗体反応を抑える化合物を遺伝工学的手法で融合させたもの。マウスの実験では効果が確認されており、花粉症シーズン前に摂取すれば、症状を引き起こさない初の根治薬として期待されている。
 実用化には治験や生産など製薬会社の協力が必要だが、市場がほぼ国内に限定されることや、予想される薬価が低いことなどから、提携先を見つけることが難しかった。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
野村総研、中国政府系シンクタンクと共同研究=環境問題など
強度、伸縮性優れた合金開発=医療や耐震などへ活用期待
花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル

中国で「グーグル離れ」相次ぐ ネット業者、検索機能排除も(産経新聞)
「モンベル」カード情報、不正利用100人分超(読売新聞)
特別支援学校教諭ら逮捕=中1男子を買春容疑−警視庁(時事通信)
「177」が10時間更新されず=気象庁の誤配信原因、陳謝(時事通信)
<盗撮>名古屋高検の検事が辞職願 罰金命令受け(毎日新聞)
posted by d0pvdt6zop at 03:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。