2010年01月22日

「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は18日午前の参院議員総会で、小沢幹事長の資金管理団体の土地購入を巡って石川知裕衆院議員らが逮捕されたことについて、「民主党の真価が問われている。16日の党大会での鳩山首相や小沢幹事長の決意と覚悟を私たち一人一人の覚悟に置き換え、この難局を一糸乱れず結束し、政権公約の実現を果たすことが国民に対する使命だ」と述べ、党内の結束を呼びかけた。

 社民党党首の福島消費者相は両院議員総会で「政治とカネの問題についても、改革を含めてきちんとやっていこう」と強調した。

首相動静(1月15日)(時事通信)
加湿器発火4件、6万台リコールへ(読売新聞)
塩野義のインフル治療薬を22日に緊急収載(医療介護CBニュース)
小沢氏関係の団体、不明朗な出入り15億円(読売新聞)
センター試験開始14分前に「解答始め!」(産経新聞)
posted by d0pvdt6zop at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日午前の参院本会議の代表質問で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入事件に関し、小沢氏に「戦ってください」と語ったことについて「検察に対する圧力という意図も(捜査への)影響もない。検察が公正な捜査をすることを信じている」と述べ、「検察への圧力」との批判を否定した。

 首相の偽装献金事件に関連し実母から12億6千万円の資金提供を受けたことには「資金提供は何も承知していなかった。贈与税を免れようという発想はなかった」と重ねて釈明した。

 同時に、質問に立った自民党の尾辻秀久参院議員会長が「恥じるところがあるなら即刻辞職してほしい」と退陣を迫ると、首相は「天に恥じることがないように、国民の政権交代に対する期待に応えるという使命を果たすのが、首相として責任を果たす道だ」と応じ、総辞職を否定した。

 首相が5年前に出版した「新憲法試案」で憲法改正を訴えたことについては「一人一人が憲法はかくあるべしという考えをもつのは当然だ」とした上で「首相には憲法尊重擁護義務がある。今は私の考え方を申し上げるときではない。在任中も考えない」と言明、持論を封印する考えを示した。

【関連記事】
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」
世界の注目指導者3位に小沢氏、首相は入らず 米調査会社
民主は良識まで“交代”か
「身の潔白」早く説明を 首相が小沢氏に望む
鳩山・小沢氏はバッジを外せ 党内の政権交代こそ改革

センター試験 敵は不況と新型インフル(産経新聞)
最高裁 「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
経営規模3分の2に=借金減らし、リストラ加速−日航再生計画(時事通信)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
固定電話での世論調査に問題点  若い世代で実態とズレ?(J-CASTニュース)
posted by d0pvdt6zop at 04:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。