2010年01月21日

実篤バレンタインチョコ限定販売(産経新聞)

 小説家、武者小路実篤(1885〜1976年)の本、絵、書などを所蔵する実篤記念館(東京都調布市)では毎年好評のバレンタイン限定チョコレートを販売する。

 今年のチョコはカボチャのパウダーを練り込んだホワイトチョコと定番のミルクチョコを詰め合わせ、南瓜の絵と実篤が好んで書いた文字をあしらった平たい箱に詰めた。1個550円で23日から販売予定。バレンタインデー直前は販売が集中するため、20日から予約を受け付ける。先着100個で締め切る。【問】実篤記念館(電)03・3326・0648。

<寛仁さま>宮内庁病院から転院(毎日新聞)
<山岳遭難>北岳で収容された遺体は横浜の41歳会社員(毎日新聞)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
「裏献金」翌営業日に入金=同額を小沢氏団体口座へ−石川容疑者、土地購入に使用(時事通信)
「小沢氏名義」で購入 不可解10億円の不動産 (産経新聞)
posted by d0pvdt6zop at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「指示に従わず」と部下暴行=特別救助隊員を停職−東京消防庁(時事通信)

 部下に暴行したとして、東京消防庁は18日、同庁練馬消防署特別救助隊員の男性消防士長(35)を停職6カ月の懲戒処分にした。
 同庁によると、士長は昨年10月25日午後9時半ごろ、火災現場から署に戻った際、防火服の整理を命じた部下の男性消防副士長(33)が別の作業をしていたため、ほおを平手打ちにし、尻などをけった。
 副士長はあごの骨が折れており、現在も治療中という。
 士長は「指示に従わず、腹が立った」と説明。副士長は「別の隊員が既に作業しており、手は足りていると思った」と話している。 

【十字路】福井で名物の「合格ダルマ」作り(産経新聞)
安保改定50年で日米が共同声明「アジア太平洋の平和に不可欠」(産経新聞)
三笠宮寛仁さま、アルコール依存症でまた入院(読売新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)
民主・渡部恒三氏ら「7奉行の会」(時事通信)
posted by d0pvdt6zop at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏側を強制捜査 聴取応じず、虚偽説明… 狙いは「裏献金」解明(産経新聞)

 多忙を理由に事情聴取に応じない小沢一郎氏、虚偽の供述をしている疑いがある石川知裕衆院議員、再聴取に応じない小沢氏の元私設秘書…。小沢氏側は東京地検特捜部による疑惑捜査に協力的とはいえない対応を取っているとされる。

 昨年3月の西松建設をめぐる違法献金事件では、特捜部が陸山会などへの捜索に着手した前後、石川氏らが、陸山会などにあったゼネコンからの陳情など事件関係書類を小沢氏側の関係先に運び出しており、小沢氏側が証拠隠滅を図った疑いも表面化している。

 このため、特捜部は任意捜査では全容解明できないと判断し、強制捜査に踏み切った。一連の資金移動の中で小沢氏の関与は随所に見られ、今後は小沢氏が政治資金収支報告書への不記載など不正な経理処理にどの程度関与したかの解明が焦点となる。

 特に今回、特捜部が小沢氏の個人事務所や陸山会に加え、鹿島も捜索対象としたのは、収支報告書に記載されていない土地代金4億円の原資に、水谷建設などゼネコンの裏献金が含まれている疑いが強く、裏献金の提供に鹿島東北支店が関与している疑いがあるとみているためだ。

 捜査関係者によると、東北の公共工事では長年にわたり、ゼネコン間の談合が行われていたとされる。仕切り役とされるのが同支店元幹部で、受注業者にお墨付きを与える「天の声」を出していたとされるのが小沢事務所だ。

 小沢氏の地元、胆沢ダム工事での小沢事務所の影響力は絶大だったという。昨年12月の大久保隆規被告の初公判で検察側は、西松建設側が大久保被告に「おたくらが取った胆沢ダムは小沢ダムだ」と言われたとする供述調書を読み上げた。

 鹿島は平成16年10月、胆沢ダム工事を受注。下請け工事を請け負った水谷建設側は同時期、成功報酬として石川知裕氏に5千万円を渡したと供述。直後に陸山会には5千万円の入金があり、その数日後に土地代金が支払われていた。

 今回、小沢氏の個人事務所や鹿島への捜索に踏み切ったことは、特捜部の裏献金解明への強い姿勢を感じさせる。(河合龍一)

日米同盟深化が肝要=自衛隊幹部に訓示−鳩山首相(時事通信)
<強盗>目出し帽の男が郵便局から500万円 東京・江戸川(毎日新聞)
ハイチ地震、政府が500万ドル無償資金協力へ(読売新聞)
有床診の発展には「制度的位置付けを」−日医検討委が報告書(医療介護CBニュース)
わいせつ容疑の整復師、不起訴不当=「被害者供述、不自然さない」−横浜検審(時事通信)
posted by d0pvdt6zop at 01:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。